山梨英和大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 山梨英和大学

山梨英和大学

山梨英和大学

“いま”という時代を読み解く3つのキーワードとして、「こころ」「グローバル」「インターネット」に着目した領域制を導入しています。

2020年度から新しいカリキュラムを始めます。
英語・ICT・表現の能力を身につけ、専門性を磨き、グローカルな英和人を育てます。

・「英語の英和」英語力の涵養・伸長を図る。英語嫌いをなくす。
・コンピュータを駆使し、情報やデータ処理、その適用や応用ができる。
・「ゼミの英和」日本語による立問・思考・表現の力を高める。
・「できる英和人」心理学など「専門性」や教養を身につけた社会人、地域でも国際社会でも活躍できるグローカルな「英和人」を育てる。

当校のポイント

■未来を拓く 3つのキーワード
“いま”という時代を読み解く3つのキーワードとして、「こころ」「グローバル」「インターネット」に着目した領域制を導入しています。

学びの領域1:サイコロジカル・サービス領域
学びの領域2:グローバル・スタディーズ領域
学びの領域3:メディア・サイエンス領域

ごあいさつ

建学の精神:ミッション
キリスト教精神を基盤とした山梨英和大学は、校訓である「敬神・愛人・自修」のもとに、「他者とともに生きる」、「他者とともに在る」大学として、下記のような資質を持った地域に根ざした「よき隣人」の輩出を目指します。

6つのプログラム

■英和の専門性
3つの領域科目を基盤にして、6つのプログラムを設定しました。
各プログラムの分野の知識・スキルと共に背後にある学問や精神を学ぶことで、これからの社会で必要とされる高度な能力を獲得します。
それぞれの関心と意欲や将来の進路によって、自由にプログラムを選択できます。

ゼミの英和

■英和人(えいわびと)を目指すゼミ教育
専門性を身につけた教養人、国際的視野を持つ社会人として巣立ってゆきます。
それが、我々の目指す「英和人(えいわびと)」です。

1年次から4年次まで全ての学生が必ずいずれかのゼミに属する教育体制です。
2020年度から、すべての学生は、1年から4年までゼミに所属します。
これまで同様に、一人ひとりに教員アドバイザーが付きます。少人数で面倒見が良いのが、この制度の特徴です。

英語の英和

■英語力がさらに伸びる大学、英語嫌いのいなくなる大学を目指す
1年次、週2回授業で8単位必修です。習熟度別にクラスが分かれ、それぞれにあわせた英語教育が行われます。
2年次以降は選択科目となり、英語力を更に伸ばしたい人が履修しますが、専門に特化した英語ではなくて、人間文化学部の英語として、人間力や文化力を高め、外国人を対等な個人としてリスペクトできるようなヒューマンな英語を学習していきます。

英語のできる人がさらにできるようなり、できない人や嫌いな人もそれぞれの力にあわせた学びのなかで、英語力が身につく英語プログラムを整えています。