東京女子大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 東京女子大学

東京女子大学

東京女子大学

1918年、北米のプロテスタント諸教派の援助のもと開学。初代学長は新渡戸稲造、学監は安井てつ。2018年、創立100周年を迎えました。創立以来、キリスト教の精神に基づく「リベラル・アーツ教育」を行っています。

★創立100周年を迎えた2018年度から現代教養学部を5学科12専攻に再編
長年培ってきたリベラル・アーツ教育の実績を基盤に、現代教養学部を5学科12専攻に再編し、国際性、女性の視点、実践的な学びを重視した新しい教育を全学的に展開しています。自ら考え、知識や能力を行動へとつなげ、人類・社会の問題解決に貢献する女性を育成していきます。

★東京女子大学のリベラル・アーツ教育
本学のリベラル・アーツ教育は、“学ぶことを学ぶ”教育です。自由な学びを支える「全学共通カリキュラム」と、専門性を鍛える少人数での学科科目の履修により、広い識見と創造性を有した「専門性をもつ教養人」を育成します。

★1年次から始まるキャリア構築プログラム
年間150日を超えるセミナーや講座等を開催し、4年間きめ細かな支援を行っています。専任職員が一人ひとりの就職活動状況を把握した上で、求人紹介や個別相談に応じるなど、内定が出るまで、丁寧にフォローしています。就職率は25年以上95%を超え、内定先についても、90%以上が満足度が高いと回答しています。