東京成徳短期大学の学部学科コース

  1. マナトモ
  2. 短大
  3. 東京成徳短期大学
  4. 学部学科コース

学部学科コース

幼児教育科

東京成徳短期大学

子どもの心を理解し、 親身になって痛みを共有できる保育者を育てる

子育てに対する社会的ニーズがさらに高まり、より質の高い保育者が求められるようになった現在、幼児教育科では総合的な資質の育成を目指し、「確かな専門知識と研究意欲を備えた保育者」、「保育の実践力と即応力のある保育者」、「豊かな人間性と社会性を持った保育者」、「個々の学生の得意な分野を伸ばし、魅力あふれる保育者」の育成を教育目的としている。講義だけではなく、体験的な学びを通して、保育についての問題意識を持ち、その解決に向けての実行力を発揮できるような学びを推進している。

2年制

学費

初年度納入金 136万5000円
(内、入学手続き時86万円)
※その他、教科書代・教育実習および保育実習に参加する場合の費用・本学の個室ピアノ室を使用する場合の使用料

ここがポイント

・子どもを理解し、健やかに育むことに十分な、知性と情熱と豊かな感性を兼ね備えた人材を育成します
豊かな教養を積み、幼児教育の理論と実践力を深め、心理検査やカウンセリングなども学び、次世代を担う子どもたちを健やかに育むのに十分な知性と情熟と豊かな感性を兼ね備えた人材を育成することを目指しています。

・幼稚園教諭の免杵状・保育士の資格取得を意識し、即戦力となる保育者を目指す
将来、保育者になることを見据え、乳幼児の教育や保育の基礎について学びます。特に乳幼児の心身の発達、家庭や園での生活、遊びや絵本などの児童文化など、あらゆる面からの子どもの理解が目標です。他にも、音楽、造形、幼児体育など各自が得意分野を更に伸ばし、個性ある保育者の育成を目指します。

就職

・保育のプロとしての指導法を学びます
「先生の紙芝居は面白い!」「先生と遊ぶのは楽しい!」と幼児に満足感を与え、成長の糧とするためには、保育者自らがプロの指導法を身につけなければなりません。保育指導法演習では自ら指導案を考え模擬保育を行い、その集大成としてパネルシアターや大型紙芝居を制作し、発表会を行います。また「基礎音楽」の授業では、音楽についての基礎的な知識と技能の習得を目指します。ピアノのレッスンは、技能レベルごとにグループに分かれ、少人数によるきめ細やかな指導を行っています。2年次には、ピアノはもちろんギターのレッスン、管楽器パーカッションを用いた合奏、合唱などが選択でき、多彩な音楽を通してより豊かな音楽性を身につけます。