桃山学院教育大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 桃山学院教育大学

桃山学院教育大学

桃山学院教育大学

桃山学院教育大学がめざすのは「人間教育」。
それは、すべての学生を「ひとりの主体的な人間として育てる」ことです。知識や問題解決能力を身につけても、それを使う主体である「人間」が成熟していなければ、真の教育とはいえません。
このような人間力を身につけるための学びを、教育現場での経験豊富なベテラン教員陣が支援します。

当校のポイント

桃山学院教育大学では、学力だけでなく人間的な成長を支える「人間教育」を念頭に置いた学びを展開。「人間教育」の目標は、「自分をしっかり持ち、そのうえで他者と共に生きる力を持つために、学力を身につけるだけではなく、その人の持つ可能性を開花させる」ことです。
授業にはグループワークなど協動的な学びを豊富に取り入れ、地域と連携した現場実習体制を実現。模擬授業などの実践的な授業を数多く実践して、現場で求められる教育を育んでいきます。また「見学実習」や「学校インターンシップ」で早い時期から現場での対応力を身につけます。
中央教育審議会の委員・専門委員経験者をはじめ、日本を教育を考え、築き上げてきた教員が一丸となって学生を指導し、これからの社会をリードする全国トップレベルの教育力を持つ教育者を育成します。

ごあいさつ

ここで変わる。
自分も、未来も。

社会は極めて速いテンポで変化しています。
子どもたちは、いまの大人たちが経験している以上に、多様な価値観の中でこれからの時代を生きることになります。
必要とされるのは、場の空気を読む力だけでなく、自分の価値観を知り、そのうえで他者と対話を通じて協働できる力です。
これからの教育者もまた同じ力を持つことが求められます。
新たな価値観を身につけ、人としての豊かな感受性を持つ。
そのような力をつけることができる学びが、ここにはあります。

強力な布陣が実現する最新の教育

文部科学省で教育政策に深く関わってきた強力な教員陣が、最新の教育を実現。日本の教育をリードしてきた梶田学長、教員採用試験のスペシャリストである鎌田学部長をはじめ、次期学習指導要領に対応できる教員陣(道徳教育・特別支援教育・外国語教育)など、教員を目指すための最新の環境が整っています。また、新たに公務員試験対策のエキスパートが着任しました。

チューター(担任)制による少人数ゼミを1年次から導入

1年次から少人数制の演習(ゼミ)を必修科目として配当。参加型の授業を通して、自発的な問題解決力のほか、プレゼンテーション力やコミュニケーション力、協調性などを養成します。演習担当の専任教員がチューター(担任)となり、希望進路や特性に応じ、履修計画の作成や学生生活などについてもアドバイスしています。定期的なチューター会議で指導方針や情報を共有するなど、教員全体でのサポート体制を整えています。
また、学園祭などの学内行事も、ゼミグループで学生たちが企画・運営に取り組み、身近な関係性のなかで協働しながらチームづくりを学ぶ機会として生かしています。

現場体験実習を重視

現場での即戦力として求められる実践スキルを修得するため、教育現場での現場体験実習を重視しています。自ら教育機関に問い合わせることから始め、週1回、希望する教育機関で授業補助などを行います。実際に子どもたちと向き合い、その表情や言葉に触れることは、興味を引く伝え方や、言葉の選び方、デリケートな心理などを肌で学ぶ機会。自身の課題に気づくことにもつながります。教育現場で体験したことや疑問に感じたこと、迷ったことなどは、週1回の授業の中でクラスの仲間や教員と共有し、振り返ります。仲間の意見は、学びを深めるきっかけや、成長の刺激に。教員からは、豊富な経験が裏付ける実践的なアドバイスがあります。現場を体験し、授業で振り返り、教員からアドバイスを受ける、というサイクルを幾度も繰り返す中で、教育者になる意識と、そのために求められる能力の習熟度を深めていきます。

教員をめざす学生を丁寧にバックアップ

教員採用試験対策のスペシャリストである学部長を中心に、教員がチームとなって実践的な指導を行います。昨今、多くの自治体で実施されている多様な面接試験対策を重要視し、早期から段階的に指導。「教職支援センター」では、勉強方法の指導から試験対策まで、学生一人ひとりに応じて丁寧に支援し、講座やセミナー、自主勉強会も実施しています。自治体ごとの教育内容における特徴や採用試験の科目、試験の傾向・対策といった情報を提供し、参考書・過去問題集の貸し出しも行っています。

一人ひとりの目標に向き合うキャリア形成支援

教員や保育士をはじめとして、公務員、一般企業まで、学生が希望する将来像や適性に応じて、キャリア形成をサポートします。
正課の授業のなかではもちろん、教員が開催する有志勉強会も随時実施。教職センター、キャリアラーニングセンター、公務員就職支援室など、めざす分野ごとに支援する体制が整っています。教員の採用試験はもとより、公務員や一般企業をめざす上で必要となる各種試験対策にとどまらず、人としての成長を大切にする「人間教育」の実践により、あらゆる進路で生かすことができる力を養います。