島根リハビリテーション学院

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 島根リハビリテーション学院

島根リハビリテーション学院

島根リハビリテーション学院

島根リハビリテーション学院は奥出雲町が設立した4年制の学校です。
1998年の開学以来、900名以上の卒業生が医療福祉分野の第一線で活躍しています。
「医療福祉を中心にしたまちづくり」を進める奥出雲の中核を担う学院の周囲には、町立奥出雲病院、医療福祉施設やスポーツ施設などがあり、クラブ活動や施設実習に活かされています。


◆学びの特色
(1)将来の可能性を広げる自由選択型科目の導入
ますます活動の場が広がるリハビリテーション職の将来性を見据え、自由選択科目を導入しています。地域づくりに携わりたい、スポーツ分野でも活躍したい、音楽療法やチャイルドサポートを学び、幅広い治療スキルを持った作業療法士になりたいなど、+αの能力を身に付ける授業を選択することができます。

(2)多職種連携教育
多職種連携とは、医師や看護師、ケアマネジャー、社会福祉士、栄養士など、患者に携わるさまざまな機関、専門職が連携しあうことを言います。
近年は、患者の高齢化やニーズの多様化にともない、医療介護関係だけではなく、行政や地域住民組織など様々な関係者が連携する機会がますます増えてきました。本学では、そのような社会背景を踏まえ、多職種連携能力を身につける科目を積極的に導入しています。

(3)アクティブ・ラーニングの充実
教員による一方的な講義だけでなく、学生自身が考え、発言し、行動を起こす力をはぐくむために「アクティブ・ラーニング」手法を積極的に導入。「なぜ学ぶのか」「何のためにリハビリを行うのか」という目的意識と思考力を養い、様々な立場の人と協力しながら物事を成し遂げようとする姿勢を身につけることで、自らの可能性を広げていくことができる人材を育成します。


◆文部科学大臣認定「職業実践専門課程」(平成25年度認定)
◆専門学校等評価基準Ver.4.0 適用 2017年度 第三者評価修了

当校のポイント

シマリハが選ばれる3つのポイント

◆ポイント1◆ 地域まるごとキャンパス(地域実践型授業)
学校がある奥出雲町をフィールドに、地域住民と企業・行政と連携した実践型教育を積極的に実施。
フィールドワークを通しリハビリの視点から地域の課題解決を提案する授業や、福祉施設での介護予防事業の他、近隣高校の運動部へのスポーツトレーナー指導など、机上で学んだことを現場で即応用することで、実践力を育成します。

◆ポイント2◆ 合格へ導く独自の国家試験対策
開学以来、累計合格率96.7%高い国家試験合格率を維持(2001年3月~2020年3月卒業生合格者数918名/受験者949名)。学校独自の国家試験対策教材を使用し、早期からデータ分析を用いたスムーズな学習を支援しています。また、分野別の対策講座や補習、個別指導など、きめ細やかな指導体制により、国家試験合格へ導きます。

◆ポイント3◆ 心に寄り添う教育指導と退学率でわかる優位性
本学が何よりも大切にしていることは、教員と生徒の信頼関係を育むこと。担任制を導入し、勉強に関する疑問や将来の悩みなど、どんなことでも気軽に、本音で質問・相談できる学習環境をととのえています。令和元年度の退学率は、1.1%と全国的にみても極めて低い結果として表れています。

就職支援

◆就職率100% 就職満足度85%の就職支援◆

毎年、病院や福祉施設からの求人は各学科600件以上にのぼり、開学以来、就職率は100%を維持しています。
就職支援には、実務経験豊富な就職支援担当教員を置き、1年次から体系的なキャリア教育を実施。
卒業生とのディスカッション、キャリアビジョン・デザイン形成、職場見学を行い、療法士の幅広い職域の選択肢を学生時代に知ることで、就職してからも将来的なキャリアビジョンを持ちながら、意欲的に働き、学ぶことができます。
4年次にはハローワークやジョブカフェ島根と連携し、履歴書の書き方や面接指導などを学ぶ就職セミナーも。

2018年度の就職満足度調査では、85%の学生が「満足」・「やや満足」と回答し、「不満足」はゼロの結果でした。