大阪総合保育大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 大阪総合保育大学

大阪総合保育大学

大阪総合保育大学

子どもと毎週関わりながら、保育園・幼稚園・小学校の「先生」を育てる大学

【無理なく保幼小のトリプル取得】
「保育士」「幼稚園教諭1種」「小学校教諭1種」の国家資格が3つ同時に無理なく取得できます。
入学後コース別にならず、全ての卒業生の約93%が保育士・幼稚園教諭1種・小学校教諭1種をトリプル取得しています。
無理なく3つ同時取得ができるカリキュラムで、0歳から12歳までをトータルで考えることのできる「先生」が育成。
さらに、3つの資格に加えて特別支援学校教諭1種免許を取得でき、4つ同時取得が可能です。

【1年生5月からの「子どもと1700時間プログラム」】
1回生の5月から始まるインターンシップ=子どもと1700時間プログラム。理論を勉強するのと同じくらい大切なのが実際の現場で役立つ能力の育成です。そのため、保育所や幼稚園・小学校などで毎週インターンシップを行っています。さらに基本的に、1年間同じ施設に行くため、年間を通した子どもの変化・成長を実際に体験できます。大学で学んでいることを、現場で確認していく。そんな学びが、現場で役立つ能力を育成するとともに、日々の大学での学びを充実させてくれます。高度な知識に加えて「現場で役立つ実践力を子どもと関わりながら身に付けたい」という学生にとって、魅力的な大学となっています。

【学年定員110名でのきめ細やかなフォロー】
1学年の募集定員は110名。小さな大学だからできるきめ細やかなフォローには、「担任制」や「1回生からのゼミ」があります。さらに、全ての学生一人ひとりを見ていくため個人カルテを作成し、きめ細やかなフォローをしていく「個人カルテシステム」は高い評価を受けています。

当校のポイント

保育士・幼稚園教諭1種・小学校教諭1種の資格・免許が3つ同時に無理なく取得できます。
さらに、特別支援学校教諭1種免許も取得でき、4つを同時取得することが可能です。
また、毎週1度子どもと接する「子どもと1,700時間プログラム」で学生が先生へと近づいています。

ごあいさつ

保育士・幼稚園教諭1種・小学校教諭1種の3つ同時取得と週に1度のインターンシップで、就職後活躍できる「先生」を育てています。