大阪河崎リハビリテーション大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 大阪河崎リハビリテーション大学

大阪河崎リハビリテーション大学

大阪河崎リハビリテーション大学

◆河崎の「こだわり」…
“ひと”を治す力を身に付け、期待されている以上の結果を出す。
そんな医療人を育成します。

◆河崎の「真摯」な取り組み…
患者様一人ひとりに寄り添い病症・障がいを観るのではなく“ひと”を観る。病気や障がいがある方を支えきる。
そんな医療人を育成します。

◆河崎の「特化」…
理学療法学専攻・作業療法学専攻・言語聴覚学専攻を置き、各専攻との交流を通してチーム医療を実践する上で欠かせない“他職種と連携する力”を身に付ける。
そんな医療人を育成します。


〇園芸療法
野菜や季節の草花を育てることで得られる「感動」を通して患者様の意欲を掻き立て、心身の回復へ繋げる園芸療法が学べる。

〇関連病院
水間病院・河崎病院などの関連病院や施設で医療現場の見学や実習関連授業が実施できるので、学修のみならず実習の対策も万全です。河崎グループ全体で学生の学びを支援しています。

当校のポイント

【カワリハ4つのポイント】
POINT1 リハビリに不可欠な3専攻
POINT2 少人数教育だからできる大学生活のサポート
POINT3 関連グループでの実習環境が充実!即戦力となる力を身につける
POINT4 関連施設とともに築き上げた実績で就職率100%!

理学療法学・作業療法学・言語聴覚学の3専攻があるので「チーム医療」が学べる

医療の進展・複雑化に伴い一人ひとりの患者様の生活にあわせた医療の提供が必要になってきました。
そのためには多職種間で連携を図り、多方面の専門的な立場からケアを行う「チーム医療」が必要とされています。
本学はリハビリテーションに不可欠な理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を養成する3つの専攻を置き、他の専攻との交流の中で「チーム医療」を実践する上で必要な“他職種への理解”を深め、卒業後にチーム医療が自然とこなせる環境を整えています。

理学療法学専攻 -基本動作能力のプロフェッショナル-

ケガや病気により身体に障がいを持った方や、障がいを持つことが予測される方に対し、「起き上がる・立ち上がる・歩く」などの基本的動作能力の回復や、障がいを予防するリハビリテーション技能を学修します。
失った機能の回復と眠っている機能を覚醒させるためのリハビリテーションを行う理学療法士を養成します。
運動療法や物理療法を基礎として、内部障害理学療法やスポーツリハビリテーションなどの専門分野の知識修得や臨床実習を通して、現場で必要とされる技能を身に付けます。

作業療法学専攻 -日常生活動作・社会適応能力のプロフェッショナル-

「食べる・着替える・トイレができる」などの日常生活を支える身体機能の維持・改善・向上を図るリハビリテーション技能を学修します。
「こころ」と「からだ」の両面から患者様を支える作業療法士を養成します。
一人ひとりに寄り添った治療ができるように、治療の知識や技能から、地域での支援、他職種との連携まで幅広く学びます。
身体障害・精神障害・高次脳機能障害などの専門分野の知識修得や臨床実習を通して、現場で必要とされる技能を身に付けます。

言語聴覚学専攻 -ことば・聴こえ・飲み込みのプロフェッショナル-

「話す・聴く・飲み込む」などの口や耳に関する機能の維持・改善・向上を図るリハビリテーション技能や、小児発達障害に対する支援方法を学修します。また、障がいを理解する上で必要な心理学・歯科学系の授業も開講。
コミュニケーションを取る事や食べる事に障がいを持った方に、その人らしさを取り戻すためのリハビリテーションを行う言語聴覚士を養成します。
嚥下障害や失語症、聴覚障害などの専門分野の知識修得や臨床実習を通して、現場で必要とされる技能を身に付けます。