大阪教育福祉専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 大阪教育福祉専門学校

大阪教育福祉専門学校

大阪教育福祉専門学校

■幼稚園教諭・保育士として即現場で働く技能取得のための施設の充実
■文部科学省・厚生労働省指定校
■大阪教育大学指導校

<6つの特色>
1.文部科学大臣、厚生労働大臣指定校のため短大等通信教育の併修なし。卒業時に「幼稚園教諭免許」と「保育士資格の両方を取得できます。
2.幼稚園教員、保育士養成校だからできる多様な学費支援
本校の姉妹園として幼稚園を6カ園、保育所を3カ所、スポーツクラブを2カ所、福祉施設を10数カ所あり、それらの施設の職員を養成する目的で開校され、現在に至っています。
・本校独自の奨学生制度
・勝山愛和幼稚園教員養成奨学生制度
・勝山愛和幼稚園助手奨学生制度
・学費納入4分割(3月、6月、9月、12月)制度
・女子学生寮完備

3.夜間部がある
昼間、働きながら夜に学べる夜間部があります。本校の姉妹園はもちろん、近隣の幼稚園や保育園で助手として働くことで、保護者からの経済的支援を受けずに自力で進学が可能になります。関西では本校だけ、だから、全国各地から入学希望者があり、高校を卒業したばかりの方から、短大、大学、社会人の方まで、同じ目標を持って勉強しています。

4.同じ敷地内に幼稚園やスポーツクラブがある
同じ敷地内の幼稚園で実習すると皆さんが卒業するまで子ども達は皆さんのことを『せんせい』と呼んでくれます。また、授業中には、園児の元気な声が聞こえてきたり、教室の移動の時は、子ども達が『せんせい』って、飛んできてくれます。また、スポーツクラブのイベントにも参加して、『リーダー』って呼ばれたり、常に子どもと触れ合える環境を作っています。

5.現場で活かせるカリキュラム
学校に通うのは資格を取るためだけじゃない!!幼稚園や保育所、福祉施設の現場に立って“せんせい”として専門的な技術を身につけるカリキュラムが編成されています。幼稚園や保育所の先生の日々の仕事として欠かせないのが『音楽・図工・体育』。『音楽』といえばピアノです。子ども達と音を楽しむ、歌を楽しめるよう、ML教室(集団レッスン室)や個室(19室)、普通教室にまでピアノを完備し、いつでも自由に弾けるビアノが学内に30台以上あり、ピアノに触れる機会を数多く配慮しています。『図工』は折り紙や飛び出す絵本、壁面装飾など、子ども達と創作、創造する意欲をかき立てるようなノウハウを伝授しています。『体育』では、日頃目にすることができない、子どもの体育指導や水泳指導の現場が、同じ敷地内にあるので、見学はもちろん、指導の補助にだって入ることができます。現場実習も入学して2ヶ月後にの6月より実施、学内での日々の学習も大切ですが、まず、現場を知ってる方が、より学習意欲も向上します。

6.だから就職に強い!
複数の資格取得だからこそ、現場のニーズに合う。専門技術を身につけているから、実習中に就職のオファーもあり、夜間部の場合、昼の仕事先から「そのまま正職員として」という声もたくさんあります。また、45年の実績として、卒業生が全国各地で頑張っています。また、各校園、施設より認められ求人数も年々増加しています。

当校のポイント

●昭和42年開校、翌43年より幼稚園教諭、保育士資格が卒業と同時に取得可能
●姉妹校園として幼稚園を6ヶ園、保育所を3カ所、スポーツクラブを2カ所など
 幼稚園教諭、保育士養成校として46年の歴史があり、卒業生も1万人近く、そ
 のうち園長や主任も多数いて実習や就職に有利。
●昼間、幼稚園や保育所の助手として働き、夜学校に通う夜間部もある。
 昼の仕事も養成校だから、近隣の幼稚園や保育所も受け入れてくれます。

ごあいさつ

2年で幼稚園教諭、保育士の資格取得が可能(本校での取得単位のみで)