大原和服専門学園

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 大原和服専門学園

大原和服専門学園

大原和服専門学園

3,000名の卒業生が全国で活躍。古都奈良で和裁・染織・和装ブライダル・法衣装束・舞台衣装に関わる着物のプロを目指す。

本学園は、無形文化財の和裁技術を継承し、創立より95年間にわたり、3,000名以上の優れた着物の技術者を養成。毎年コンクール等の技術大会で上位入賞しています。

【大原和服専門学園の学びの特徴】
○ゼロから学ぶことができるカリキュラム
○担任制少人数制のクラス編成で1人1人をしっかりサポート
○学ぶ技術は無形文化財
○日本文化の発祥の地「古都奈良」で学ぶ
○プロと同じ設備を使い、産学協同システムで本格的に学ぶ
○資格取得や大会などに積極的に挑戦
○就職や独立できる進路の幅広さ

全国的な技術大会やコンクールで上位入賞の実績!!

当学園では技術大会やコンクール等への挑戦を支援。和裁日本一を決める技能五輪全国大会や全国和裁技術コンクールで上位入賞。織、染、デザインなどの公募展でも毎年上位入賞をしています。

古都奈良・京都が学びのフィールド

学園のある奈良と電車で1時間ほどの京都が学びのフィールド。世界遺産が数多くあり着物関連企業が数多くある本場で学ぶフィールドワークが充実しています。伝統文化を学び、美的感性を養うには最適な環境です。着物を着て・見て・感じることができる環境が身近にあります。

卒業後もサポート!卒業生組織「園友会」

約3,000名の卒業生を支援するために「園友会」を運営しています。年1回会報誌「やえさくら」の発行や技術講習会の実施、備品の購買支援、転職などの斡旋なども行っています。

施設・設備

工房と同じ本格的な設備で実習することができます。

キャンパスライフ

学校でも1年を通して様々なイベントや校外に出て伝統文化を体感できる授業が行われます。夏には学生全員が自分で縫った浴衣を着て参加する「絲遊祭」や、1年間使った針を供養する針供養など様々な行事を通して伝統の心を養います。