日本菓子専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 日本菓子専門学校

日本菓子専門学校

日本菓子専門学校

日本菓子専門学校は1960年に、製菓業界の要望で誕生した学校です。
1998年、フランス及びドイツ国立製パン学校の姉妹校締結と同時に製パン技術学科が誕生しました。
さらに2016年には、よりハイレベルな専門技術・知識の習得を目指すハイテクニカル科も誕生。
以来、製菓・製パン業界の未来を担う中心的存在として、多くの人材を送り出しています。 2015年、創立55周年を迎え、今後も新しい時代の要望に応え、さまざまな取り組みを積極的に行っていきます。
実習は少人数制で行っており、製菓技術学科は1テーブル3名、製パン技術学科は1グループ4名で実施。
これは、すべての学生がより多くのお菓子やパンづくりに参加できるように考えられたスタイルです。
少人数で実習を行うことで、全員が作業に関わる事ができ、協力し合う事で協調性やチームワークを同時に学ぶことができます。