武庫川女子大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 武庫川女子大学

武庫川女子大学

武庫川女子大学

教員・保育士の採用試験、薬剤師・管理栄養士・看護師の国家試験などで、全国でも高い合格実績を誇っている。授業以外に各種試験対策のための特別講座を開講するなどして、学生の資格取得への意欲に応えている。キャリア形成・就職支援の体制も充実し、卒業生は全国各地、さまざまな業界で活躍している。

<<学部・学科・定員>>
10学部17学科の女子総合大学。「社会に貢献できる女性の育成」を教育目標とし、自立した人材を育成している。

<<キャンパス情報>>
大阪と神戸の中間、西宮市に3つのキャンパスがある。
●中央キャンパス
メインキャンパス。中央図書館や体育館などの大型施設が並び、さまざまな分野で学ぶ学生に対応した環境となっている。
●浜甲子園キャンパス
薬学部のキャンパス。総合薬学教育研究棟をはじめ、臨床薬学教育センターなどの実習設備が整っている。
●上甲子園キャンパス
建築学部のキャンパス。1930年に建てられた名建築「甲子園会館」(国登録有形文化財)と、先端技術を結集した「建築スタジオ」が校舎という理想的な環境で学ぶ。

<<海外留学制度>>
アメリカ・ワシントン州に武庫川女子大学のアメリカ分校(MFWI)があり、毎年約500人が留学している。英語文化学科では全員が4カ月間、アメリカ分校に留学する。他の学科でも希望者を対象にMFWI留学プログラムを実施。学生たちは英語力と国際感覚を磨いている。
交換留学協定を締結している海外8カ国12大学に留学することもできる。

<<施設・設備>>
●学校教育館
教育者・保育者を目指す学生たちの学びの拠点。模擬小学校教室や模擬保育室など、実践的な指導力を身に付ける環境が整っている。
●日下記念マルチメディア館
大型の情報教育施設。自主学習用の多数の最新パソコンを設置している。
●看護科学館
各分野の実習室を設けている。臨床の現場に即した実習室で実践的に学べる。コミュニケーションスペースも充実している。
●甲子園会館
1930年竣工の歴史的建造物。建築学部の校舎の一つとして活用されている。
●東京センター
東京駅・八重洲中央口の正面(徒歩1 分)に「武庫川女子大学東京センター」を開設し、首都圏で就職活動をする学生を支援している。