明治国際医療大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 明治国際医療大学

明治国際医療大学

明治国際医療大学

●スポーツ振興プロジェクト
医療大学の強みを生かした「スポーツ×医療」の2つの分野のスペシャリストの育成に取り組む本プロジェクト。現在の日本には、トップアスリートとして活躍後のセカンドキャリアの保証はまだありません。そのため本学では、全国で活躍するトップアスリートの育成に加え、セカンドキャリアを見据えたカリキュラムを用意し、看護師・救急救命士・柔道整復師・鍼灸師の各種国家資格の取得のほか、スポーツ関連資格、教員資格等、さまざまな資格取得を支援します。また、全国でも数少ない取り組みとして「アスリートサポートセンター」を設置し、各クラブの指導者に加え、附属病院や附属鍼灸センターなどの医療スタッフ、トレーナーが連携し、アスリートの競技力向上はもちろん、コンディショニングやメディカル面、栄養管理などを学内でトータル的にサポートできる体制を整えています。

●本学認定資格「メディカルアスレチックトレーナー」の育成
全国で初となる取り組みとして、本学認定資格「メディカルアスレチックトレーナー」の育成プログラムを始動します。各専門分野のセラピストとしての医学的知識を基盤に、コンディショニングを含めたチームトレーナーとしての能力の2点を有する新しいトレーナー像を目指します。医療資格とメディカルアスレチックトレーナー資格を併せ持ち、さらに豊富な実践教育で培う応用力で即戦力となる治療ができる次世代型トレーナーを育成します。

●明治国際医療大学附属病院
キャンパス内に東洋医学と西洋医学の「補完」を実践する附属病院を設置。そこでの実習を通して「統合医療」の実践を体験的に学ぶほか、「チーム医療」への理解も深めます。また、メディカルMRセンターや総合リハビリテーションセンター、附属鍼灸センターも併設しています。

●就職支援
職場見学やマナー講習会、合同就職相談会、卒業生講演会などへの参加を通じ、多彩な仕事や生き方を理解し、キャリア設計を考えることができます。個人カウンセリング方式により学生一人ひとりの適性を的確に捉え、目標実現に向けた将来設計をアドバイスしています。本学で身につける知識・技術と高い実践力は、病院などの医療機関をはじめ、あらゆる現場から高い評価を受けており、安定した就職実績を誇っています。

当校のポイント

附属病院で在学中から実際の医療現場を体験
キャンパス内にある附属病院は、16診療科が備わる地域の基幹病院であると同時に、「臨床教育の場」として活用しています。附属病院での実習を通して、「統合医療」の実践を体験的に学ぶほか、「チーム医療」への理解も深めます。また、総合リハビリテーションセンターや鍼灸センター等も併設しており、「医療の今」を肌で感じながら医療人としての豊かな人間性を身につけていきます。

ごあいさつ

教学の理念

「心豊かな医療人」を育成する


《人に共感する心》
《人を思いやる心》
《人に奉仕する心》
本学は「建学の精神」のもとに、人々の健康に貢献する医療従事者の一員としての自覚を養い、高度な東西両医学の専門知識と科学的根拠に基づいた優れた治療技術の教授研究に努め、常に和の心を忘れず人と向き合うことのできる「心豊かな医療人」を育成するための教育を行います。