九州共立大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 九州共立大学

九州共立大学

九州共立大学

共に学び、共に考える4年間。「未来をつかむチカラを、共に。」

1、一人ひとりに寄り添い育てる個別指導
ホームクラス制度を設け、年2回の面談を行っています。また、3年次には、就職支援スタッフが学生全員と進路について面談を行い、個人の志望に合ったきめ細やかな指導により優良企業等への就職をサポートします。

2、2学部が連携した幅広い知識が修得できるカリキュラム
経済学部・スポーツ学部が連携。お互いの専門教育科目を一部履修することができ、より幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

3、本学独自の採用試験突破プログラム「K-CIP」導入
公務員や教員採用試験の合格を目指す学生のため、試験対策の費用や膨大な学習時間の確保などの負担をできるだけ取り除き、学内で質の高い講義を受講できるよう導入された学部教育と連動したキャリア教育プログラムです。
<ポイント>質の高い講義を安価で受講/学内受講で時間の節約/18単位まで卒業要件に認定/無理のない復習型授業

地域と共に立つ九州共立大学の地域連携

本学では地域連携推進センターが中心となり、協定を結ぶ自治体などの機関および協力関係にある自治体と積極的に連携しています。その取り組みとして、学生と教員が共に力を合わせ、地域課題解決のためのさまざまな活動を行うことで、地域の活性化と人財育成を行っています。

協定を締結している自治体・団体と協定内容

1.岡垣町
岡垣町と九州共立大学との包括的地域連携に関する協定

2.北九州商工会議所
北九州商工会議所と九州共立大学との連携に関する協定

3.北九州市体育協会
九州共立大学と公益財団法人北九州市体育協会のスポーツにおける教育・研究および振興の連携協力に関する協定

4.北九州市教育委員会
九州共立大学と北九州市教育委員会の学生ボランティアに関する協定

5.北九州市
九州共立大学と北九州市によるスポーツの振興およびスポーツによるまちのにぎわいづくりならびに人材育成等に関して連携・協力するための包括連携協定

6.水巻町
水巻町と九州共立大学との包括的地域連携に関する協定

7.芦屋町
包括的地域連携に関する協定

8.遠賀信用金庫
包括的地域連携に関する協定

本学独自の難関採用試験突破プログラム「K-CIP」導入

年々合格が厳しくなっている公務員試験、教員採用試験。
試験対策の費用や膨大な学習時間の確保など、学生の負担をできるだけ取り除き、学内で質の高い講義を受講できるよう学習環境を整備します。

<対象となる採用試験>
公務員公安職・公務員行政職(専門試験なし)
公務員行政職(専門試験あり)
教員採用試験

<ポイント>
ポイント1:学部教育と連動し。最大18単位が卒業単位に含められる。
ポイント2:4年かけて無理のない復習型の授業を展開。
ポイント3:ダブルスクールの必要がなく、時間的負担を最小限に抑えられる。
ポイント4:専門学校に比べ受講料(履修料)が安い。
ポイント5:専門学校の個人学習と違い、大学の友人と共に学ぶことができる。