鯉淵学園農業栄養専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 鯉淵学園農業栄養専門学校

鯉淵学園農業栄養専門学校

鯉淵学園農業栄養専門学校

●「タネまきから食卓まで」が学べる農と食の専門学校
鯉淵学園農業栄養専門学校は、 開学70年以来の教育目標である「タネまきから食卓まで」をベースとして 「食農教育」、「環境保全型と資源循環」、「食の安全」、 「農と食を結ぶ地域連携」などを本学教育の特色とし、「農と食」に携わる全ての産業で貢献できる人材を育成します。

●5つの強み
1. 専門学校の強みを活かし、個人指導による強力な就職支援
2. 広々としたキャンパスとハイレベルな教授陣による最高の教育環境
3. アグリビジネス科(農)と食品栄養科(食)とのコラボによる現場に必要とされる実践教育
4. 他校では見られない独自の充実した特待生制度と社会人自己推薦枠の設定
5. 全国の仲間との出会いと就職後にも役立つ卒業生のネットワーク

給食制(昼食)

本校では、学生自らが生産した新鮮・安全な食材を積極的に食べる取組みとして、下記の通り「給食制(昼食)」を導入しています。本校の「農と食」を大切に考えた取組みにご理解をお願いいたします。

【2020年度年間食費】120,000円(前・後期で分納、各60,000円)
●長期休みを除く平日のみの提供となります。
●食費については2021年度より金額が変更される場合があります。

特典・その他

1. 通学定期及び学割
本校は、JRの通学定期券及び旅客運賃割引の指定校です。

2. 学生保険
学生は、本校が指定する学校契約傷害保険(学生総合保険)に全員加入します。万一校内及び学外学習で傷害等が発生した場合には傷害保険が受けられます。

3. 「専門士」の称号及び大学3年次への編入学出願資格
本校の学科修了者には、「専門士」の称号が授与され、大学3年次への編入学出願資格が与えられます。
とくに、東京農業大学とは2016年度に連携協定を締結しており、編入希望者に対して、①勉強会の開催、②合格体験発表の開催、③勉強方法や受験相談のカウンセリングなどの学習支援を実施します。

校内インターンシップ

卒業後のさまざまな農業経営を想定したインターンシップ教育を実施しています。
本校は園芸農場・畜産農場にて生産された農産物の販売を行っています。また、産学連携により(有)瑞穂農場、(株)NCSアグリサポートが学内で生産することで、企業による先端技術を学べるほか、毎日の実習から「本当に農業を経営している現場にふれる」ことができます。
さらに、学内には通年営業している農産物直売所があり、経営感覚・現場感覚を普段から意識し、生産から販売まで体験することができます。
※火曜日定休