神戸親和女子大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 神戸親和女子大学

神戸親和女子大学

神戸親和女子大学

【TOPICS!】
2020年4月、総合文化学科・児童教育学科・ジュニアスポーツ教育学科の学びが変わります!
総合文化学科では、英語と中国語・日本語を武器にグローバルに活躍する人材を育成。
児童教育学科では、中学校教諭一種免許状(英語または数学)が取得可能に。
ジュニアスポーツ教育学科では、社会的課題に寄り添った中学校・高等学校の保健体育教員やスポーツ指導者の育成を強化。
新たな学びで、将来への可能性がますます広がります!

※2019年3月現在の予定であり、内容は変更になる場合があります。


「先生になるなら、親和!」
徹底した教育と学生のがんばりで、この実績が生まれました。

◇教員・保育士採用実績◇
 ●保育教諭採用 全国1位
 ●幼稚園教諭採用 西日本1位
 ●保育士採用 西日本1位※
 ●小学校教諭採用 西日本3位※

 2018年3月卒業生実績 大学通信調べ ※順位は女子大学中

学生が地域の子育て支援に参加!子育て支援ひろば『すくすく』

開設から11年間で、のべ56,000人以上の親子を受け入れ、地域から高い評価と信頼を得ています。地域の子育てを支援する施設で、本学の学生がプログラムの企画や運営に携わって実際に親子とかかわることで、学生にとって貴重な経験の場となっています。保護者の方も一緒に楽しめるプログラムを数多く開催しています。

学びのフィールドも世界に広げています!

語学だけでなく、学科の特色を生かした海外研修プログラムがあるのが親和の特長です。カナダやイタリア、アメリカなどにおいて、国際的な視野で学びを深められるプログラムが充実しています。

●海外教育実地研究(カナダ・約2週間)
現地の小学校での教育実習を通じて、現地の教育を学びます。子どもたちに折り紙や日本の童話を紹介する研究授業もあります。
●海外芸術・教育研修(イタリア・約2週間)
現地の幼稚園や小学校などで見学実習を行い、感覚教育とイタリアの保育法について学びます。さらに本場の芸術に触れて豊かな感性を磨きます。

【NEW!】
2021年、総合文化学科では、西オーストラリア大学への1年間の留学制度がスタートします。現地での授業料は大学が負担(予定)!

その他、豊富な海外研修プログラムを多数用意しています。

クラブ活動も充実!仲間といっしょに汗を流しています!

サッカー部、バレーボール部、ソフトボール部、バスケットボール部、テニス部、ソフトテニス部、剣道部の7つの強化クラブのほか、体育会系クラブ・文化会系クラブ・同好会・愛好会・サークル活動が盛んです。委員会活動も充実しており、それぞれの趣味や特技を生かした活動に取り組むことができます。

1年次からの段階的なキャリアサポートプログラム

学生の将来の夢を実現するための多彩なガイダンスを用意し、1年次から進路について考える機会を数多く設けており、さまざまなキャリア支援プログラムを用意しています。
◆1・2年次生・・・「自己発見力を養成」
自分自身を見つめ直し、なりたい自分をしっかりイメージします。
新入生ガイダンスや正課科目「キャリア探求Ⅰ・Ⅱ」などを通して、進路について真剣に考える姿勢を身につけます。
◆3年次生・・・「自己表現力を養成」
自己分析や業種・職種についてのガイダンスを設け、将来の目標を明確にしていきます。
◆4年次生・・・「自己実現力を養成」
個人面談や模擬面接を実施し、しっかり現実と向き合い、本格的に就職活動に取り組みます。