神戸電子専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 神戸電子専門学校

神戸電子専門学校

神戸電子専門学校

「教育のプロフェッショナル」×「業界のプロフェッショナル」によるダブルサポートで、一人ひとりを着実に成長へと導きます。
本校では、学生と業界をつなぐ機動力ある教育チームを編成しています。実務経験や指導経験豊富な「教育のプロ」と、現役として各分野で活躍する「業界のプロ」がタッグを組み、
学生を全力でサポート。実務レベルの技術指導からプロの心がまえ、業界のトレンドや就職相談まで、”現場の今”に即した教育をおこなっています。

当校のポイント

60年以上の歴史を誇る本校は、コンピュータ技術教本の作成をはじめ、国際映画祭出展映画作品の
サラウンド音楽制作に至るまで、技術とクリエイティブを兼ね備えたプロフェッショナル育成に取り組んできました。これまで約2万人の人材が巣立ち、業界で活躍しています。
そして今、本校はいち早く「Creative Engineering」をミッションとして掲げ、2 1 世紀A I 時代のデジタル人材を育てています。
日本国内外から集まった価値観の異なる仲間と触発し合いながら学ぶ新たな学習スタイル「共創カリキュラム」も業界で高く評価されています。
キミの一生の財産になる先生や仲間との出会いとチャレンジがある。神戸電子はそんな学校です。

“バカ”を貫く。

常識ってナンだ?皆が「アタリマエ」ということ、それは本当なのか?
常識を疑ったり、常識から外れようとするキミを、周りはバカにしたかもしれない。
でも時代が変わった。人と同じ事をやってももう評価されない。
“ バカ”を本気で貫くことでこそ’ホンモノ’が生まれる。そしてそれが次の常識になっていく。
アインシュタインもジョブズも、常識に囚われず本気で打ち込み、世の中を出し抜いた先輩だ。
キミらしくバカを貫け。キミにしかできないことで次の社会を創ろう。神戸電子専門学校は、そんな未来へのスタート地点だ。

好奇心とデジタル技術が出会えば未来が変わる。

iPhoneが世に出て約10年。だが10年後にはスマートフォンは姿を消しているだろう。
その間、私たちは、技術の進化で世の中が書き換えられるのを目の当たりにする。
同時に、好奇心「Hack Mind」を燃やしてバカを貫く人がいることを知る。10年後、キミはどこで何をしているだろう。

創造力 技術力 人間力・実務力を培う

西日本最大級の規模と学生数を誇る神戸電子専門学校は、キャンパスそのものが、まるで“世界の縮図”。
未知なるヒト、見たことのないモノ、知らなかったコトなど、想像を超える出会いと驚きにあふれたキャンパスで本校独自の学びに取り組み、創造力と技術力、そして、人間力を身につけよう。

基礎から始めて、社会に出ても 枯れないチカラを身につける。

学生満足度の向上をめざし、施設・設備はプロ同等のものを確保。
カリキュラムは各産業界の企業ニーズに合わせ、時には先取りし、常に見直しを図っています。
また、学科間で有機的に学びがつながる独自のカリキュラムを展開。
学生たちは自身の「学びの到達点」を確認しながら、教員の的確な指導とアドバイスのもと業界に通用するスキルを段階的に身につけることができます。

やる気を刺激、未来に直結

業界のトップランナーによる最新情報に触れる業界セミナーや、業界の第一線で活躍するプロフェッショナルによる作品指導をはじめ、校内での企業説明会や校内採用試験の実施など、進路実現に直結する連携も積極的に実施しています。