鹿児島医療技術専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 鹿児島医療技術専門学校

鹿児島医療技術専門学校

鹿児島医療技術専門学校

【EFFORTS FORCLASS 授業への多彩な取り組み】

●EFFORTS FORCLASS 1 4年制で質の高い教育プログラム
基礎から実践までじっくりと学び、確かな技術を身に付けるカリキュラムが充実。高度な教育環境として、国の認定も受けています。
・現場のニーズを反映した教育「職業実践専門課程 認定校」
 文部科学大臣により、質の高い職業教育に取り組む学校として認定されています。
・大学院への進学がかなう「高度専門士」取得可能
 本校4年制の学科を卒業した全員に「高度専門士」が付与されます。これは大学卒業と同等で、大学院の受験も可能となります。

●EFFORTS FORCLASS 2 現場に近い最新設備
医療の技術は日々進化しています。臨床現場さながらの施設・設備を導入し、より実践に近い演習が可能。思う存分実践できる環境です。
・医療画像情報システム
 MRI、CT、光脳機能イメージング装置、三次元運動解析装置などで読みこんだデータを3D画像に変換するシステムです。

●EFFORTS FORCLASS 3 医療の道へ進む社会人を応援
学びは何歳からでも始められます。キャリアアップを応援します。
・社会人学生 34名(2020年度)

●EFFORTS FORCLASS 4 全学科、就職率100%
就職の専門部署「キャリアセンター」がサポートし、開校以来、就職率は全学科100%を誇ります。
【求人数(全国)】15,606人
【学生1人あたりの求人件数】43.4件

●EFFORTS FORCLASS 5 チーム医療を身に付ける
これからの医療は、異なる専門職同士が協働した医療福祉サービスが求められています。学科の枠をこえチームで課題に向き合うなど、多職種連携教育に取り組んでいます。
・IPE(関連職種連携教育)ワーキンググループ
 平川キャンパスでは教員が学科をこえたIPE研究チームを組み、関連する学会への参加や発表、定期的な学内検討会を実施しています。

・チーム医療論(看護学科)
2020年で3回目を迎えた本授業では看護学科が中心となり、作業療法学科・理学療法学科・言語聴覚療法学科と合同授業を実践。各学科の学生がチームとして協働し、課題に臨みました。

●EFFORTS FORCLASS 6 キャンパスライフ支援の充実
学生生活での不安が少しでも少なくなるよう、日々の生活からサポートします。
・Wi-Fi環境の充実
・心身ともに安心を
・学内外で閲覧できる豊富なデータベース
・国家試験へ向けたサポートが充実
夢を後押しするサポートがたくさん!

●EFFORTS FORCLASS 7 地域貢献も積極的に!
人の心に寄り添い、サポートする仕事を目指す学生たち。コミュニケーション力や人間性を磨く経験につながります。
・地域との交流平川校区高齢者向け公開講座
年間を通して6学科の教員がそれぞれの職域の特性を活かして、地域住民との健康に向けた取り組みを行っています。

当校のポイント

鹿児島県内の医療系専門学校では唯一の「高度専門士」取得可能校です。

高度専門士とは
--------------
大学卒業時に付与される『学士号』と同等の資格で、大学院進学が可能となります。

ごあいさつ

教育理念
深い人間愛の精神を基本として、人間尊重の理念に基づいて人格の形成を目指し、豊かな人間性と教養を備え、進展する医療・保健・福祉に対応できる知識と技術をもって、実践できる有能な人材を育成する。