実践女子大学短期大学部

  1. マナトモ
  2. 短大
  3. 実践女子大学短期大学部

実践女子大学短期大学部

実践女子大学短期大学部

実践女子大学短期大学部は1899年に創立され、女性の社会的地位がほとんど問題とされなかった時代からいち早く女性の地位向上を目指し、教育により女性の品格を高め、実践的な学業を授けることで社会に貢献できる人材を育成してきました。教職員の間には学生一人ひとりを大切にするという伝統が受け継がれており、学生が有意義な学業生活、学生生活を送ることができるようあらゆる支援を行っています。
これまで以上に充実した施設環境とより現代社会に即した教育を提供するために、渋谷キャンパスを設置。
短期大学部の学生は渋谷キャンパスで学びます。

※詳細は本学HPをご覧ください。

留学制度

3種の留学制度

●協定校派遣留学
交流協定を結んでいる大学に派遣留学するプログラムです。学内選考などを経て、協定校へ派遣されます。
【協定校】
ストッツカレッジ(オーストラリア)、サンシャインコースト大学(オーストラリア)、カピオラニ・コミュニティーカレッジ(アメリカ、ハワイ)
※ビクトリア大学(オーストラリア)、リーワード・コミュニティーカレッジ(アメリカ、ハワイ)が新たに協定校に加わる予定。

●認定校留学
自分で留学先の大学を選定、認定許可が下りた上で6か月以上留学するが可能です。
本学に籍を置いたまま在学中に留学する制度で、留学先で修得した単位は、一定の条件の下に卒業単位として認定されます。
※上記の留学制度によらずに留学する場合は、休学して留学することになります。休学期間は在学年数に算入されず、単位認定の適用はうけられません。

●協定校編入留学
協定校の1つであるオーストラリア・サンシャインコースト大学の派遣留学(5か月留学プログラム)を終了すると、短大を卒業後に、同大学2年次に自動編入ができる制度です。