ルーテル学院大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. ルーテル学院大学

ルーテル学院大学

ルーテル学院大学

学院創立から100年を超える伝統と歴史を受け継ぎ、キリスト教の教えを建学の精神とした人格教育のもと、「ひと」について深く理解し、人々の生活に寄り添う「社会福祉」と、こころの悩みに寄り添う「臨床心理」を学び、生きる力を支え、心のケアのできる福祉・心理の専門家を目指します。

当校のポイント

・100年を超える歴史と伝統、心と福祉と魂の専門家を育てる
ルーテル学院大学では、キリスト教の深い人間理解を通じて、人々の生活に寄り添う社会福祉と、こころの悩みに寄り添う臨床心理を包括的に学び、生きる力を支え、心のケアのできる「心と福祉の魂の専門家」を養成します。

・学生の可能性を広げる、1学年90人の少人数教育
学生一人ひとりを見守り、育てたいという想いから、1学年90人の少人数教育にこだわっています。1学年90人の少人数だからこそ、学生一人ひとりの可能性を広げる4年間継続した指導を可能にしています。

具体的な将来像を描く5コースの学び

2年進級時までに学びたいコースを選び、コース横断で全ての授業から履修できるシステム。
自身の関心と目指す資格に応じて自由に学びのデザインが可能なカリキュラムで、一人ひとりの 「誰かの役に立ちたい」 という"想い"を具体的なカタチにします。

「すぐ聞けて、つながる」少人数教育

1学年定員90人に対して専任教員は26人。
学生は教員に “すぐ聞けて、つながる” 環境です。距離が近いからこそ一人ひとりに対応した充実のサポート体制で、実習指導、資格取得、就職支援と、入学から卒業まで4年間継続したサポートが可能です。

福祉・心理の資格で高い現役合格率!

毎年多くの社会福祉士・精神保健福祉士国家試験の現役合格率を誇り、全国でもトップクラスの実績をあげています。2019年度の「社会福祉士」現役合格率は、65.0%(※全国平均29.3%)で全国平均の2倍以上でした。また「精神保健福祉士」も現役合格率100%(※全国平均62.1%)と、全国平均合格率を上回る結果を誇ります。
また学内に大学院(第一種指定校)も併設しており、臨床心理士・公認心理師として活躍する多数の修了生を輩出しています。

少人数教育を活かした就職支援

ルーテル学院大学では、1学年定員90人の少人数教育の強みを活かした、“学生一人ひとり”に対応した就職支援体制が整っています。専任の教職員による全学生との個別相談をはじめ、年間を通して数多くの就職支援プログラムを実施し、一人ひとりに適切な指導を行います。
毎年、90%を越える高い就職率を誇ります。
※大学院への進学者は含まず

留学制度

各国姉妹校との教授や学生の交換、協力提携校からの留学生の受け入れや送り出しを行っています。
また、世界各国からの来訪者が毎年あり、学内でも国際交流が盛んです。学生や現場で活躍するソーシャルワーカー、牧師や教会員のための国際研修旅行を積極的に実施しています。