北星学園大学

  1. マナトモ
  2. 大学
  3. 北星学園大学

北星学園大学

北星学園大学

■文学部・・・英文学科 | 心理・応用コミュニケーション学科
■経済学部・・・経済学科 | 経営情報学科 | 経済法学科
■社会福祉学部・・・福祉計画学科 | 福祉臨床学科 | 福祉心理学科

当校のポイント

札幌市にある北星学園大学は、3学部8学科と大学院、短期大学部2学科を有する北海道屈指の文系総合大学で、キリスト教精神を基に、人間性・社会性・国際性の追求を特色としています。
札幌市営地下鉄東西線「大谷地駅」から徒歩5分に立地し、豊かな自然に囲まれたキャンパスには、4,000名を超える学生が日々学んでいます。

国際交流・留学

交換留学制度は全学科の学生に開かれ、毎年20名ほどの学生が、アメリカ・カナダ・ヨーロッパの協定校14校と、アジアの協定校4校のいずれかに留学しています。留学先大学の授業料免除はもちろん、留学及び帰国後の費用を補助する制度のほか、単位認定制度も整備されており、留学期間を含めて4年間で卒業することができます。一方、提携校からも毎年60名ほどの留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。
また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が海外に渡航しています。

副専攻制度

文系総合大学のメリットをいかし、他の学科、学問分野の科目を体系的に学ぶことができる制度で、複眼的思考と多元的理解力を育成することを目的としています。
14の副専攻から1つ以上を履修することができ、副専攻課程の履修を終了し認定された者には、副専攻認定証書が授与されます。

(1)人間科学(2)キリスト教学(3)英語(4)ドイツ語(5)フランス語(6)中国語(7)韓国語(8)英語・英米文学(9)心理学(10)経済学(11)国際関係論(12)経営情報学(13)経済法学(14)社会福祉学

国際ラウンジ&カフェ

留学生と在学生の交流スペースが「国際ラウンジ」では、異文化理解の促進や言語能力の向上を目的とするさまざまなプログラムが展開されています。留学生と会話をするだけではなく、留学生が自国の文化を在学生に紹介したり、留学を終えて帰国した学生による留学体験報告会などが行われたりと、様々なイベントを通じて留学生との交流を活発に行っています。また、設置されている250インチスクリーンには常時海外のニュースを映しています。
また、国際ラウンジに併設されたカフェ「NORTH STAR CAFE Sarah」では、コーヒーなどの飲み物やパスタなどの軽食を提供しており、天気のよい日は、オープンテラスで風を感じながらカフェを楽しむこともできます。留学生が行き交う国際ラウンジと隣接することにより、インターナショナルな雰囲気が漂う交流の場にもなっています。

ラーニング・コモンズ&学習サポートデスク

多種多様な学習スタイルに合うように考えられた6つのエリアがあり、グループワーク、創作活動、プレゼンテーションなどの学習を行うことができます。
また、大学の学習に役立つスタディスキルズの獲得を目指す「学習セミナー」や先生やチューターが学生を1対1、1対複数で指導する「学習支援」など学習支援プログラムも充実しています。