広島福祉専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 広島福祉専門学校

広島福祉専門学校

広島福祉専門学校

 西日本で初めての本格的な福祉専門学校として誕生した本校は、昭和63年4月に「社会福祉士および介護福祉士法」が施行されると同時に、厚生大臣より、広島県内では初めて第1回目の介護福祉士養成施設として認可され、さらに平成5年には厚生大臣より社会福祉主事任用資格の施設認可の指定を受けました。これは、本校が早くから福祉教育の必要性を感じ、それに取り組んできた先見性と前向きの使命感が評価されたものです。