放送芸術学院専門学校

  1. マナトモ
  2. 専門学校
  3. 放送芸術学院専門学校

放送芸術学院専門学校

放送芸術学院専門学校

■関西の放送業界が創ったプロ養成スクール
■講師は全員現役のプロフェッショナル
■在校中からプロの現場を体感する「産学協同プロジェクト」
■就職直結の「業界研修制度」
■東京・大阪の芸能プロダクションが集結「学内合同オーディション」

放送業界が創った学校だから業界との強いつながりと実践的な授業内容、現役プロの講師陣によりデビュー・就職へのチャンスが広がります。

当校のポイント

関西の放送業界が創った学校だからこそできる
実践的授業や業界との強力なネットワークで、
入学した学生を就職・デビューに導きます!
本校は、「2年間で就職・デビューするための学校」として
設立されたエンターテイメントの学校です。
本校の卒業生たちは、いま業界最前線で力を発揮しています。
そしてその卒業生ネットワークも、就職・デビューへの
力強いバックアップの一つとなっています。

ごあいさつ

学校長ご挨拶

60年近く放送業界に携わり続けてきてわかったことがあります。それは、ヒット作が生まれるにはある「法則」があるということ。ヒット作が生まれるのは、時代の風潮とクリエイターの個性が掛け合わされ化学変化を起こして、世の中の人々の感性とぴったり合ったときなんです。私を含め、この学校の講師は現役で業界で仕事をしています。つまり、時代の風潮を日々肌で感じています。もちろん、経験も知識もある。だから、学生の個性をみて、将来持っていてほしい「クリエイターとしての個性」を伸ばすために、こうすればもっと良くなるといったアドバイスをすることができるんです。
また、この学校は実学教育を理念として掲げています。実学教育とは、実際に社会で役立つように実践や経験を重視した教育のこと。学生時代から現場を経験することで、就職・デビューしたときにすぐに実際の現場で役に立つ即戦力が身につくんですね。みなさんも卒業するときには、プロの入り口に立てるレベルになっているはずです。

放送芸術学院専門学校
学校長 澤田 隆治